MENU

目のかすみし疲れ目から?いろいろある原因について

目のかすみとは、モノがかすんで見えてしまう、ぼやけて見えてしまう症状を言います。
特に何かに集中して見たあとに、そのものから視線を外して、物を見るとあらおかしいという現象になってしまうことがよくあります。

 

目を押さえたり、瞼を閉じることで治る事が多いですが、ときには肩こりや頭痛、目の奥の痛み等を感じることもあります。
この目のかすみの原因のほとんどが、疲れ目になります。

大抵のものは少し時間が経てば治ったり、眠ることで回復することがあります。
疲れ目になる環境は、パソコン画面、スマートフォン、ゲームなどが挙げられますが、もちろんテレビ画面も原因の一つです。

 

くらいところでの読書なども原因になります。
また、メガネ湯やコンタクトレンズを使用している方は、度数が合っていないなどの支障から、疲れ目になったり、余計な力がはいってしまう事も考えられます。

 

若い方の疲れ目、目のかすみの原因は圧倒的にパソコンやスマートフォンの画面の見過ぎと指摘してよいでしょう。
朝や昼間は平気だけど、夕方からよるにかけて、目のかすみが気になってしまうという方は実は多いとされています。

 

完全に、目の働きが低下していることになります。
この目のかすみについて、普段の生活から気をつけることは可能です。

 

ベストなのは、こうした原因となってしまうことをなくしていくことですが、それは現代社会ではなかなか排除ではないことです。
それと、目のかすみの原因として挙げられるのが加齢。
もちろんの現象も排除することはできません。

目のかすみはどうして起こる?物を見るってどういうこと?

目のかすみの原因として挙げられる、画面の見過ぎ。
スマートフォンやパソコンを長時間見つづけけることで、目の中はどうなっていのでしょうか?

 

物を見るとき、カメラに例えられます。
光が飛び込んで来て、これは何なのかとピントを合わせようとするのが水晶体です。
これがレンズの役割をしています。

 

そして、網膜に記憶させるのですが、これがフィルムの働きをします。
光は視神経を通じて、脳に送られて、映像として認識することができます。
この作業を一瞬のうちに行っているのか、目です。

 

ものをみなければならないということが連続して起こることで、目の中の筋肉が緊張状態が続くことになります。
そして、網膜にあるロドプシンの働きが著しく低下し、目のかすみが起こり、疲れ目に発展していきます。

 

目のフィルムの網膜では、ロドプシンというものが、物を見るたびに記憶し、それをまた消して、新しく合成しています。
その繰り返しが追いつかないことで、目そのものに支障が出てしまうということになります。

 

少しだけ目を休めせたり、体操をしたり、ロドプシン供給のためのサプリメントを利用することで、すぐに治るのが特徴ですが、頻繁な目のかすみ状態が続くことで、眼精疲労に発展することも大いにあります。

 

そうならないよう、疲れ目や目のかすみについては、その都度きちんと解決をすることをオススメします。
特にスマートフォンなどの電子機器を使用する時、目の緊張はマックスになりますから、気をつけましょう。

加齢による目のかすみ 病気が潜んでいることもある

目のかすみは、目の使いすぎが原因とされることは想像ができます。
その他の原因としては、加齢です。
年を取ると、モノがかすんで見える事はよくあります。

 

これは、レンズの役目をする水晶体が老化するからです。
もともと弾力性のあるもので、ピントと張った状態ですが、徐々にその機能が衰えてくるために、目のかすみの現象が起きてきます。

 

なかなかピントも合わずに、物を遠くにして見ることがある。
これが老眼です。
ぼんやりとかすんでしまうことで、少し遠くに持って行くと、ピント合わせが楽にできるようになっていきます。
この事に関しては、特別悩むことではなく自然現象の一つと言えます。

 

なんとなく目のかすみが出てきた。
そんなに目を疲れることはしていないというときには、老化現象の一つとして捉えて、老眼鏡等をつけることをオススメします。
40歳代から始まるとされています。

 

その他、老化に伴う病気などもあります。
水晶体が濁ってしまう白内障、眼圧が上る緑内障、網膜の老化による黄斑変性症などがあります。

 

また、もともと糖尿病を発症している方は、糖尿病性網膜症などがあります。
これらのことが原因で目のかすみが起こった場合には、必ず治療をしなければならないことですから、必ず医師に相談をしてください。

 

老眼で終わっていない、眼圧検査等をしなければならない場合には、こうした病気が原因になっていることも多いですから、おかしいと思ったときには医師に相談されると良いでしょう。

文明社会が原因?ドライアイと目のかすみ

目のかすみを感じた時に、ドライアイになっている可能性も多いです。
これは、目の乾きです。

 

エアコンが効いている乾燥している部屋にいることで、水分が失われていくと、目のかすみがきになることがあります。
通常、人間の目は乾きを感じると、瞬きをして水分を補給します。

 

ところが、あまりにも乾燥していたり、パソコンの画面などを見続けると、瞬きをしないことがよくあります。
スマートフォンやテレビ、ゲームなども同じです。
そうなると、目が乾き、角膜に傷がついてしまいます。

 

それが原因で目のかすみが起こってしまいます。
どうしたら良いか?というと、意識的に瞬きをすることがベストです。
あまり画面に近づかない、長時間見続けない、室内の明るさを明るくするなどの配慮が大切です。

 

ですが、やはり長い時間の画面のみすぎはしないことです。
エアコンなどで乾燥していると思ったら、点眼薬などを使用するのも一つの手です。

 

角膜の傷というと、コンタクトレンズの使用も原因の一つです。
長時間つけていない事、清潔な物を使用すること、コンタクトレンズの傷が、角膜を傷つけることもあります。
余談ですが、カラーコンタクトレンズなどおしゃれでつける場合がありますが、粗悪品等を手にされることは非常に危険です。

 

目のかすみどころか、粗悪なカラーコンタクトレンズを使用して失明された症例もあります。
とにかく目のかすみが起こった時点で、乾燥や傷がついているという危険信号ですので、しっかりと対処することが大切です。

疲れ目からくる視力低下を防ぐには?

最近めっきり視力がひくくなったような…。遠くのものがなかなか見れない…。視力が下がってくると日常的にも不便が出てきますよね。

 

その原因は、疲れ目からくる物もあるそうです。
そもそもどうして目が疲れてしまうのか。原因は以下の通りです。

 

・近くのものを見続けている
・ゲームやテレビ、パソコン作業が多い
・一点を見つめることが多いと眼筋が衰えて視力が低下
・眼精疲労が多い。

 

だいたいこのような原因が考えられます。
では疲れ目からくる眼精疲労による視力低下を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

 

【その1】適度な休憩を入れること。

 

どんな作業も目を使う作業に関しては、長時間見続けるのは、目にとっても負担になります。
休む時間、働く時間を決めるなどをしてうまく目のコントロールをしましょう。また、1分だけ目をとじる。仮眠をとることも有効です。

 

【その2】ブルーベリーで視力回復

 

ブルーベリーには、アントシアニンという天然の色素成分が含まれていて、このアントシアニンが目の疲れやかすみを予防する効果があるそうです。
ブルーベリーサプリも販売されているので、摂りいれてみてください♪